咲水スキンケアジェルにトライします!

敏感肌の私でも安心して使える、
保湿力がとても高いスキンケアローション、咲水。

ずっとローションを愛用していたのですが、
なんと咲水のジェルが発売されました。

夏の間の、紫外線によるダメージや暑さによるお肌の疲れをケアするには、
スキンケアローションとスキンケアジェルのWのお手入れがお勧めだということだし、
ジェルも購入してトライしてみることにしたのです。

ここから申し込んだよ!→咲水ジェルの公式ページ

届いたジェルの印象と使い心地

咲水

届いたスキンケアジェルは、スキンケアローションと同じく、お花が咲き乱れたような可愛いイラストがふたに描かれています。

このスキンケアジェルは、ローションと同様、ミネラルがたっぷりな阿蘇の天然水と、ヒアルロン酸のおよそ5倍もの保湿力があるというスイゼンジノリを配合して作られた自然派化粧品です。

ふたを開けると、白っぽい半透明のジェルがたっぷり入っていました。指にすくい取って手にのばしてみましたが、のびもいいし、べたつきもあまりありません。

とても柔らかいテクスチャなので、伸ばすときにカスが出ることもなく使い心地もとてもなめらかです。その感想は実際顔に使っても変わりませんでした。

ローションよりもジェルの方が・・・

咲水

このスキンケアジェルは、ローションよりもさらにお肌への浸透がよい気がします。そしてローションと比べると保湿力がかなりアップしているようにも思えます。

それもそのはず、このスキンケアジェルは、ただの保湿ジェルではなく、美容成分も入ったいわゆるオールインワンジェルなのです。

私は一度使って以来、すっかりスキンケアジェルのファンになってしまいました。

スキンケアローションも保湿力は高いのですが、やはり冬場などはそれ1つではちょっと厳しいのです。

配合成分がレベルアップしている点

咲水

その点、スキンケアジェルには、なんとローションの1.5倍のスイゼンジノリ多糖体が配合されている上、ビタミンCの効果とグリセリンの保湿効果を併せ持つというビタミンC誘導体、そしてお肌のバリア機能を強化する4種類のセラミドが配合されています。

なるほど、うるおいパワーが違う訳ですよね・・・。そして、ビタミンC誘導体にはメラニン抑制の効果もあるのです。つまり、保湿だけではなくシミもできにくい状態にケアすることができるのです。

肌に優しいのは変わらず

敏感肌にも優しいのはローションと変わっていません。パラベン不使用、アルコール不使用、香料・着色料無添加。さらには、ジェルにするために使う成分も合成ポリマーではなく、植物由来の成分を使う徹底ぶり。

ローションもよかったけど、さらに研究されて登場したジェルは
やっぱりローション以上の効果と使い心地。ぜひ使ってみてくださいね。

もっと詳しくしりたいならここね♪→咲水ジェルの公式ページ