※ローションだけではなく咲水ジェルも発売されたので
ローションと比較してレビューしてるよ!→咲水ジェルのレビュー

ネットで見つけて注文してみました

ある朝のことです。
いつもの化粧水を顔につけたら、突然なんだかピリピリした感じがして。
おかしいなと思いつつそのままにしたら、顔全体が真っ赤に。

それ以来ちょっとしたことで肌が反応するようになってしまいました。
これが私の敏感肌ストーリーの始まりです。

敏感肌になると、化粧品選びが本当に大変になってしまって・・・。

天然素材のものがいい、添加物が少ないものがいい、
という情報のもといろいろなものにトライしたのですが、
効果やお値段の面でなかなか思うようなものにたどり着かず。
口コミを求めてネットをさまよう日々が続いておりました。

page01

そして今回、またもやネットで見つけた、自然派化粧水、
そしてヒアルロン酸の5倍の保水力という言葉に魅かれ、
「咲水」にトライしてみることを決めたのです。

肌に合わない時に困るので、定期ではなく1本のみを通常購入です。
定期コースに申込みできるほど合うといいけど・・・。

ここから申し込んだよ!→咲水公式ページ

今までに使ってみたことのある化粧品は

いわゆる自然派化粧品と呼ばれるものや
敏感肌にいいと評判の化粧品は他にも多々あり、
実はいろいろ使ってみたことがあります。

しかし、オーガニックのものは価格が高いものがすごく多いのです。
芸能人も愛用していると言われるようなオラクルなどは確かにいいのだけど、
いかんせん続けるのにはコスパが悪すぎて贅沢に使えないというか・・・。

敏感肌で乾燥気味なので、たっぷりとお肌に与えてあげたい私には、
もう少し価格が安くないと続けられないというのが本音なのです。

そして、温泉水みたいなシンプルなものは
今一つ保湿力が足りなく感じてしまいます。

敏感肌なので、シンプルなケアなのにしっかり保湿し、
できればお肌の状態も改善してくれる、
なんてよくばりなものを希望しちゃうじゃないですか。
それがゆえになかなかいいものに巡り会えないのかもしれません。
そんなことを思いつつ探していて出会ったのが咲水だったのです。

page02

咲水が他と違う、すごい点とは

page03

この咲水スキンケアローションには5つのこだわりがあるのです。
これが特長とも言えるようです。

・九州の一部にのみ生息し、高級食材と言われるスイゼンジノリ使用。
・ヒアルロン酸の8倍という圧倒的な分子量。
・スイゼンジノリはヒアルロン酸の6倍以上もの保水力。
・名水百選にも選ばれている、ミネラル豊富な南阿蘇の天然水使用。
・敏感肌にも安心の無香料、無着色、自然派。

咲水に同封されていた冊子によると、
美しいお肌は角質層のバリア機能が高まっているとのこと。
逆を言えば、このバリア機能が低下すると
お肌にトラブルが起こると言うことなのです。

咲水に使われているスイゼンジノリの抽出物である
スイゼンジノリ多糖体は高分子なので、
目には見えないほどの薄いベールで角質層を覆うのだそうです。

そのため、いわゆるバリア機能が高まるのだとか。

角質層を強くするのではなく、その上にベールを作って刺激から守る、
それが他とは違う点のようです。

くわしい成分情報はこちら!→咲水公式ページ